子育て

病後児保育(西条保育所)

担当:子ども育成課 (TEL 059-382-7606 FAX 059-382-9054)

ここから本文です。

 病後児保育とは、子どもが病気の回復期にあり、保護者の仕事の都合などで家庭での保育が困難な場合、保育所の専用スペースで一時的に保育を行うものです。

対象

 以下の全てに該当する子ども

  • 鈴鹿市内在住の生後6カ月から小学校6年生までの子ども
  • 病気の回復期にある子ども
  • 保護者の仕事、疾病、出産、冠婚葬祭などにより、家庭での保育が困難な子ども
  • 医師から病後児保育の利用について承認を得ている子ども

利用日・利用時間

 平日8時〜17時30分

※土曜日・日曜日、祝日、年末年始は利用できません。

利用期間

 原則として、連続7日間以内(閉所日を含む)

※医師の判断により必要と認められる場合には延長可能です。

実施施設

 市立西条保育所

 西条八丁目19-1 電話059-382-6518

利用定員

 1日6人

利用料

 1日2,000円

※生活保護世帯は無料です。

利用できる病気の範囲

  • 感冒や感染性胃腸炎など、子どもが日常かかる病気の急性期が過ぎて、回復期にある場合
  • おたふくかぜや水痘などの感染症の回復期で、感染期を過ぎた場合
  • 気管支喘息などの慢性疾患で、症状が安定している場合
  • 骨折、火傷などの外科的疾患、手術後で、症状が固定している場合
  • その他医師が利用可能と判断した病気

利用の流れ

(1)事前登録

 事前登録が必要です。「利用登録届出書」に必要事項を記入し、市立西条保育所で登録の手続をしてください(利用当日でも可)。

登録に必要なもの
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給者証
  • 母子健康手帳

(2)利用予約

 電話で空き状況を確認し、利用日前日の17時30分までに予約をしてください。

受付時間

 平日8時〜17時30分

(3)医療機関を受診

 利用日の前日または当日にかかりつけ医を受診し、「医師連絡票」に記入してもらってください。

※かかりつけ医が「病気の回復期である」と判断した場合のみ利用できます。

(4)利用日当日

  1. 担当看護師または保育士が、「医師連絡票」と子どもの状態を確認し、受け入れ
    ※「医師連絡票」があっても、その後病状が悪化している場合はお預かりできない場合があります。
  2. 利用申請書、くすり連絡票(くすり持参の場合)、家庭連絡票に必要事項を記入
  3. 利用料の支払い
  4. 病後児保育室で預かり保育
    ※当日の持ち物については、病後児保育のしおりをご覧ください。

申請書類など