トップページ > お知らせ > 大規模地震などに備えた下水道管路の施設点検・調査訓練を行いました

ここから本文です。

お知らせ

大規模地震などに備えた下水道管路の施設点検・調査訓練を行いました

2021年10月4日

 大規模地震や津波の発生で下水道施設などが被災し、トイレ等が使用できなくなる恐れがあります。
 このような場合に、速やかにかつ高いレベルで下水道が果たすべき機能の維持及び回復を図るため、鈴鹿市下水道業務継続計画(鈴鹿市下水道BCP)を策定しています。
 鈴鹿市上下水道局では、令和3年9月15日から29日にかけて作業内容や手順を習熟するため、鈴鹿市下水道BCPに基づく訓練を次のとおり行いました。

・マンホール蓋の開閉作業の訓練
・デジタル防災行政無線を使用した連絡手段の訓練
・下水道管路の一次調査訓練(道路パトロール)

 災害等の発生時に迅速かつ適切な対応ができるよう今後も継続的に訓練を実施していきます。

※BCP:business continuity planの略で、業務継続計画のことをいいます。
添付ファイル実施写真