記者会見資料

[定例22/01/13]鈴鹿市ものづくり企業交流会の開催


ここから本文です。

 令和4年1月23日(日曜日)、鈴鹿ハンターショッピングセンターにて、鈴鹿市ものづくり企業交流会を開催いたします。

 本市では、平成22年度から、市内の産業基盤を支える中小製造企業同士の交流や親睦を深め、併せて、産業支援機関との連携を促進する場を提供するために、この「企業交流会」を毎年開催しており、今回で12回目となります。

 今年の交流会ですが、最近の新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大のリスクが心配されますので、新たに1階多目的広場を会場として使用するなど、会場を分散し、できるだけ「密」を避けて、マスクの着用、手指の消毒などの感染対策を徹底した上で開催いたします。

 1階センターコートでは、昨年より1社多い市内のものづくり製造企業17社の各企業が持つ、独自の製品や製造技術を展示させていただきます。

 午後には展示企業による自社PRタイムを設け、市内のものづくり企業の魅力を、より発信できる場にしていきたいと考えています。

 また、これまでに新製品や新技術の研究開発に対し、本市が支援してきました「モノづくり元気企業支援事業補助金から生まれた製品」の展示もいたします。
 市内企業の優れた製品、技術力をショッピングセンターを訪れる方など、広く市民の方に知っていただく貴重な機会になると考えています。

 そして、昨年に引き続きまして、高校生に向けた企業紹介イベントも1階多目的広場にて、飛沫防止パネルを設置するなどの感染対策を徹底し、開催します。
 こちらは、市内企業の特長や魅力を高校生とその保護者の方々へ知ってもらい、将来に向けて、市内企業への就職が選択肢の一つとなることで、若い方々が就職後も市内に住み続けていただくようになればと考えております。