その他

食品ロス削減

担当:廃棄物対策課 (TEL 059-382-7609 FAX 059-382-2214)
E-Mail haikibutsutaisaku@city.suzuka.lg.jp

ここから本文です。

食品ロス削減の背景

 食品ロスと呼ばれる未調理の食材や食べ残しなどで廃棄物となったものの全国推計値は約612万トンで、そのうち事業活動によって排出されたと考えられるものが328万トン、家庭生活から排出されるものが284万トンと推計されています。(平成29年度農林水産省推計値)
 国では、これらの食品ロス削減に向けて、2030年までに半減させる目標を設定するとともに、平成27年に食品リサイクル法に基づく基本方針を改定し、地方公共団体に対して、食品ロス削減の取り組みを促進するよう努めることを求めています。
 本市では国の動向を受けて、平成27年度から食品ロス削減に向けた啓発を開始するとともに、平成29年度・30年度において、家庭系もやせるごみの組成調査を実施しています。

本市の推進方針

 本市の食品ロス削減に向けた推進方針は、次のとおりです。

行動別での事業実施

 市民の行動を「食品を買う時」「食品を保管する時」「食品を使用する時」「食品を廃棄する時」に分け、行動別に家庭系食品ロス削減を推進するための事業を実施します。

食品ロスゼロチャレンジ!

 家庭系のごみを減量するためには、家庭で排出されるごみの中の食品ロス削減が必要です。
 家庭内の食品ロスモニター調査を実施することで、食品ロスになる要因や削減につながる効果的な意見などを収集し、食品ロス削減の取り組みに活用します。

事業者との連携

 食品ロスは、生産活動や食品販売事業でも多く発生しています。
 これらの食品ロス削減に向けて、事業者に対して「食品ロス削減推進法」で定められた責務を周知するとともに、事業者と連携を図っていきます。

消費者への啓発

 食品ロス削減に向けた取り組みとして、「食品ロス削減月間」である10月中、本庁舎に懸垂幕とのぼり旗を設置しています。また、環境省が作成したキャラクター「すぐたべくん」のポスターを活用するなどして、食品ロス削減の意識が広く浸透するよう周知を図っています。

懸垂幕
懸垂幕
のぼり旗
のぼり旗
すぐたべたくんポスター1 すぐたべたくんポスター2

 事業者の方や市民の皆さんも、「すぐたべくん」をダウンロードして、すぐに食べる商品の購入啓発に使用することができます。ぜひご活用ください。