保険・年金

遺族基礎年金/寡婦年金/死亡一時金

担当:保険年金課 (TEL 059-382-9401 FAX 059-382-9455)

ここから本文です。

遺族基礎年金

 遺族基礎年金は、次のいずれかの要件に当てはまる場合、死亡した方によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」が受け取ることができます。

  1. 国民年金の被保険者である間に死亡したとき。
  2. 国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していた方が死亡したとき。
  3. 老齢基礎年金の受給権者であった方が死亡したとき。
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方が死亡したとき。
  • 1または2の場合、一定の納付要件が必要です。
  • 3または4の場合、保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が25年以上ある方に限ります。

※「子」とは

  • 死亡当時、18歳になった年度の3月31日までの間にあること。(死亡した当時、胎児であった子も出生以降に対象となります。)
  • 20歳未満で、障害年金の障害等級1級または2級の障害状態にあること。
  • 婚姻していないこと。

保険料納付要件

 被保険者または被保険者であった方(上記 1 または 2 )の場合は、死亡日が含まれる月の前々月までの被保険者期間に、国民年金保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が3分の2以上あることが必要です。

 なお、死亡日が令和8年3月末日までのときは、死亡した方が65歳未満であれば死亡日が含まれる月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。

寡婦年金

 国民年金第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)の保険料納付済期間と免除期間が合わせて10年以上(平成29年7月31日以前に亡くなった場合は25年以上)ある夫が、障害基礎年金や老齢基礎年金を受けずに死亡したとき、その夫によって生計を維持され、かつ夫との婚姻関係(事実婚を含む)が10年以上継続している妻が、60歳から65歳まで受け取ることができます。

※寡婦年金と死亡一時金の両方を受け取ることができる場合は、どちらか一方を選択して受け取ることになります。

寡婦年金の年金額

夫の死亡日前日までの第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)期間から老齢基礎年金の計算方法により算出した額の4分の3

死亡一時金

 国民年金第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)の保険料納付済期間が36月以上ある方が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けずに死亡したとき、その人と生計を同一にしていた一定の遺族(1.配偶者、2.子、3.父母、4.孫、5.祖父母、6.兄弟姉妹の中で優先順位の高い方)に支給されます。

  • 遺族基礎年金を受け取ることができる場合には、死亡一時金を受け取ることができません。
  • 寡婦年金と死亡一時金の両方を受け取ることができる場合は、どちらか一方を選択して受け取ることとなります。
  • 死亡一時金は、死亡日の翌日から2年を経過した場合、請求することができなくなりますのでご注意ください。

死亡一時金の額

保険料を納めた月数に応じて120,000円〜320,000円

※保険年金課国民年金グループ、地区市民センターにて本人もしくは同一世帯構成員以外の方が手続きされる場合は、本人からの委任状が必要です。

※津年金事務所にて本人以外の方が手続きされる場合は、本人からの委任状が必要です。日本年金機構のホームページ

問い合わせ先

日本年金機構津年金事務所(電話059-228-9112)