税金

企業版ふるさと納税制度

担当:財政課(寄附の申し出に関すること)
   総合政策課(制度に関すること)

ここから本文です。

 鈴鹿市では、地方創生の取り組みについて、企業の皆さんのお力もお借りしたいと考えていますので、ご支援をよろしくお願いします。

※地方創生とは、少子高齢化の進展に伴い、人口減少社会を迎える中で、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、地方への人の流れを創出し、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくことを目指すものです。

企業版ふるさと納税(地方応援税制)とは

 国が認定した地方公共団体の地方創生に関する取り組みに対して企業が寄附を行った場合、法人関係税から税額控除する仕組みです。企業にとっては、社会貢献によるイメージアップのみならず、地方公共団体とのパートナーシップの構築または地域資源などを活かした新事業の展開などにつながります。

 令和2年度の税制改正により本制度の拡充や延長が決定し、最大約9割の軽減効果を受けることができます。

1.法人住民税

 寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)

2.法人税

 法人住民税の控除額が寄附額の4割に達しない場合、その残額を税額控除。ただし、寄附額の1割を限度(法人税額の5%が上限)

3.法人事業税

 寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)


※詳しくは、内閣府地方創生推進事務局ホームページ「企業版ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。

手続き

 企業版ふるさと納税の流れは、次のとおりです。

1.(企業)寄附する事業の選択

 寄附する事業を、次の4つから選択してください。

  • 競争力のある産業の創造と雇用の創出事業
  • 魅力の創造と定住人口・交流人口の拡大事業
  • 安心して妊娠・出産・子育てができる社会の実現事業
  • 人口減少社会に適応した安全・安心なまちづくりの推進事業

※事業の詳細は、「ご支援いただきたい事業」をご確認ください。

2.(企業)寄附の申込み

 寄附申出書を、直接、ファクスまたは電子メールで財政課へご提出ください。

3.(鈴鹿市)寄附金の納付書の送付

 寄附申し出いただいた企業に対して、市から納付書を送付します。

4.(企業)寄附金の納付

 送付された納付書を用いて、お申し出いただいた寄附金をご納付ください。

5.(鈴鹿市)受領証の交付

 本市に寄附をしたことを証明する受領証を市から送付します。

6.(企業)税の申告手続き

 受領証により、税務署に地方創生応援税制の適用がある旨をご申告ください。

7.(鈴鹿市)事業完了報告書の送付

 寄附金を活用した事業の事業費などが確定した後、市から文書で内容を報告します。

ご支援いただきたい事業

 ご支援いただきたい事業として次の4つをあげていますが、鈴鹿市まち・ひと・しごと創生推進計画に位置付けられた事業全てが企業版ふるさと納税制度の対象となります。希望される取り組みに関する事業が不明な場合は、お問い合わせください。

競争力のある産業の創造と雇用の創出事業

障がい者の社会参加応援プロジェクト(点字化・音声化機器整備事業)

 市が発信する情報や図書館の蔵書を点字化しているボランティアによる取り組みを、継続的かつ効率的なものとするため、機器の整備を行います。

  • 点字化画像1
  • 点字化画像2
  • 点字化画像3
鈴鹿deはたらこっ!若者移住応援プロジェクト

 中小ものづくり企業・建設企業で就労するために、本市に移住した若年層を雇用した企業に対し、移住費用に相当する金額を支援します。

  • 若者移住応援プロジェクト画像1
  • 若者移住応援プロジェクト画像2

魅力の創造と定住人口・交流人口の拡大事業

鈴鹿の偉人 大黒屋光太夫特別展「ふすまの下から歴史発見!!」

 鈴鹿市出身で、江戸時代に市内の港から江戸へ向かう途中、嵐のためロシアへ漂着したことから、当時数少なかった異国見聞者として蘭学の発展に寄与した大黒屋光太夫の特別展を実施します。

  • 大黒屋光太夫特別展1
    大黒屋光太夫記念館
  • 大黒屋光太夫特別展2
    大黒屋光太夫記念館
  • 大黒屋光太夫特別展3
    光太夫磯吉画幅
eスポーツ時代のまくあけ〜Suzuka esports Cup〜

 鈴鹿市には、国際的レーシングコースである鈴鹿サーキットがあります。実際のレースで活躍するプロドライバーなどを招致し、レーシングシミュレーター上において、市民向けにドライビングレッスンを開催します。
 また、プロのレーシングドライバーとオンライン上で実際にレースができる機会を提供します。

  • Eスポーツ画像1
    レーシングシミュレーター
  • Eスポーツ画像2
    レーシングシミュレーター

安心して妊娠・出産・子育てができる社会の実現事業

サラッと遊びにおいで!すずっこランド2021♪

 子育て施策について広く周知するとともに、地域でのネットワークの活性化につながるようなイベントを開催します。

  • すずっこランド画像1
    過去のすずっこランドの様子
  • すずっこランド画像2
    過去のすずっこランドの様子
子育て一緒に考えます!安心笑顔のすずっこスクエア♪

 子どもの特性に応じた支援につなげるために、発達検査の実施機会を拡充するとともに、すずっこスクエアの環境を充実させます。

  • すずっこスクエア1
    すずっこスクエア
  • すずっこスクエア2
    発達検査の様子

人口減少社会に適応した安全・安心なまちづくりの推進事業

動画で防災力UPプロジェクト

 南海トラフ地震に備え、防災に関する啓発動画を作成し、災害への備えや災害時の行動、助け合いなどの自助、共助の重要性を啓発することで、地域の防災力を高めます。

  • 防災訓練1
    防災訓練の様子
  • 防災訓練2
    防災訓練の様子
記憶に残る全力疾走応援プロジェクト(陸上競技場写真判定システム更新)

 東京2020オリンピックへ出場した選手も練習場としている、鈴鹿陸上競技場の写真判定装置を更新することで、記録会や大会などの運営を円滑に行います。
 また、小・中学生が参加する記録会などで判定写真を進呈します。

  • 陸上競技場1
    鈴鹿陸上競技場
  • 陸上競技場2
    写真判定装置(例)
赤ちゃんがハイハイできちゃう!?「おはなしのへや」改造計画!

 図書館の一角にある親子でくつろげる絵本コーナー「おはなしのへや」を、赤ちゃんを含む子どもを連れた利用者に快適な読書空間へと改造します。

  • おはなしのへや1
    おはなしのへや
  • おはなしのへや2
    おはなしのへや

寄附にあたっての主な留意事項

  • 鈴鹿市内に本社が所在する企業は対象外です。
  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象です。
  • 寄附の代償として経済的な利益を受け取ることは、禁止されています。
  • 寄附をいただいてから予算化し、市議会の承認を経てから実施する事業もあります。
  • ご希望の事業が実施に至らなかった場合や寄附金額が事業費を上回った場合は、相談の上、他の事業に活用させていただきます。

※詳しくは、内閣府地方創生推進事務局ホームページ「企業版ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。

寄附をいただいた企業のご紹介

 順次更新します。

※公表を承諾いただいた企業のみ掲載します。

※令和2年度までの企業版ふるさと納税制度については、こちらをご覧ください。

個人版ふるさと納税制度

 個人の方からのふるさと納税(すずか応援寄附金)も募集しています。詳しくは、こちらをご覧ください。