保健と健康

鈴鹿市特別の理由による接種費用の助成

担当:健康づくり課 (TEL 059-382-2252 FAX 059-382-4187)

ここから本文です。

 令和4年4月1日から、骨髄移植手術等の理由により、接種済みの定期接種の予防効果が期待できないと医師に判断され、再度、任意接種を受ける場合に、接種費用を助成します。

対象者

 以下の要件を全て備える方

  1. 骨髄移植手術その他の理由により、接種済みの定期接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること
  2. 再度の予防接種を受ける日において、市内に住所を有すること
  3. 接種済みの定期接種の接種回数および接種間隔などが、予防接種実施規則の規定によるものであること

対象となる予防接種

 以下の要件を全て備える方

  1. 予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病にかかるものであること
  2. 使用するワクチンが予防接種実施規則の規定によるものであること
  3. 令和4年4月1日以後、18歳となる日の属する年度の末日までの間に受ける予防接種であること

助成額

 各予防接種に要した費用と当該年度の定期接種委託料(単価)のいずれか低い額

申請方法

 主治医の理由書などを添えて、健康づくり課へ

※各様式は、健康づくり課で入手できます。

※年度内に接種予定の予防接種のみ申請してください。

※申請から交付決定まで約1〜2週間かかります。

※助成金の請求期限は、年度末日です。