農林水産業

植木


ここから本文です。

 鈴鹿市の植木生産は、明治3年に現在の石薬師地区で始まったと言われ、昭和39年の東京オリンピックやそれ以降の緑化ブームにより生産が増え、現在の植木産地としての地位を確立しました。

 また、従来のサツキから優良系統を選抜した「三重サツキ」は全国にその名を広めています。

 鈴鹿市では、市内西部地域を中心に、全国第1位の生産量を誇るサツキ・ツツジをはじめとして、生垣用樹、コニファー類、グランドカバー類などさまざまな品種を生産し、全国各地に出荷しています。

植木発祥の地祈願祭

 植木発祥の地として由緒ある土地をいつの時代へも受け継ぎ、植木産業が発展していくことを願って、昭和60年11月15日に石薬師町鞠鹿野において記念碑が建立されました。

写真:植木発祥の地祈願祭

鈴鹿市植木まつり

 昭和52年から始まり、現在は毎年4月に鈴鹿フラワーパークで開催しています。800種以上の植木の販売や体験型イベント、地元グルメの販売などが行われます。

 令和3年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となっています。

写真:鈴鹿市植木まつり

写真:鈴鹿市植木まつり

鈴鹿市植木振興会

 鈴鹿市内の植木生産農家・販売農家が集まり、昭和47年9月27日に設立されました。現在は、農事組合法人鈴鹿植木組合、鈴鹿農業協同組合、緑遊会で構成されています。鈴鹿市植木まつりの開催や、各種イベントにおいて植木産地のPRを行っています。

みのり会

 植木に関する技術向上や知識の普及を図るため、市内の若手植木生産者により構成された団体で、現在は、20代、30代を中心に17人のメンバーが所属しています。

写真:みのり会1 写真:みのり会2