主な意見と回答

回答集(行政一般)


ここから本文です。

主な意見と回答

Q1:市の開庁時間の拡大

Q.市役所が開いている時間と、会社の勤務時間が全く重なっています。仕事を休まず、市の用事ができるような時間を作ってください。

A.サラリーマン世帯が増え、今回のようなご意見をときどきいただき、市としても課題を認識しているところです。

 現在鈴鹿市といたしましては、下記のような時間外窓口を開設しております。

  • 引越しなど異動の多い3月や4月に、戸籍住民課・保険年金課・子ども政策課・学校教育課・納税課・市民税課の6つの部署において、特別日曜窓口を開設(時間などの詳細は広報およびホームページに掲載します)
  • 戸籍住民課において、日曜窓口(一部証明書の発行を除く)を一年中開設(開設時間は9時〜12時)
  • 納税課において、平日夜間窓口や休日窓口を開設(日程や時間などの詳細は広報およびホームページに掲載します)
  • 休日や夜間において、出生届、婚姻届、死亡届などの戸籍届は、市役所の中央防災管理センターにて受け付け
  • 事前予約により市内6カ所の消防署で休日や夜間において住民票の写しの受け取りが可能

 以上のような時間外窓口を開設しておりますが、今後も時代に見合ったサービスが提供できるよう検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。(平成24年4月現在)

Q2:市役所の開庁日・開庁時間について

Q.鈴鹿市役所の開庁時間は何時から何時までですか。土日は開いていますか。また、もうすぐお盆休みになりますが、市役所は開いていますか。

A.市役所の開庁時間は、土・日曜日、祝日、12月29日から1月3日までを除く、平日の8時30分から17時15分までです。お盆休みや学校の夏・冬休み期間であっても、市役所は開庁しております。なお、お盆休み等の期間は、来庁者数が増える時期でもあります。お時間に余裕を持ってお越しください。(平成30年7月現在)