プロフィール

鈴鹿市制施行80周年記念事業


ここから本文です。

 鈴鹿市は、令和4年12月1日(木曜日)に市制施行80周年を迎えることから、全ての市民とともに祝い、市内に活気があふれるように、記念事業を実施します。

基本理念

 鈴鹿市は令和4年12月1日に市制施行80周年を迎えます。これまでの歴史の中で先人が培ってきたモノを継承し、新たな技術や様式を取り入れ、さまざまな工夫と挑戦によりこの1年間を元気に盛り上げ、みんなに愛され選ばれるまちの実現に向けた記念事業を実施します。

基本方針

  1. 新たなことへの挑戦
  2. 地域の活性化につながること
  3. みんなが楽しめること

実施期間

 令和4年4月1日(金)〜令和5年3月31日(金)(令和4年度の1年間)

記念テーマ

「継承×挑戦」の80年 未来に向かって輝け鈴鹿!

 記念事業を広くPRし、鈴鹿市の魅力を分かりやすく表現した記念テーマを作成しました。
記念テーマは記念事業において、パンフレットやチラシなどに掲載します。また、鈴鹿市マスコットキャラクター「ベルディ」を使ったイラストやのぼり旗を作成しています。これらは、市民の皆さんも使用していただけますので、市制施行80周年を広く周知し、お祝いするためにぜひご活用ください。

※記念テーマや「ベルディ」を使ったイラストの活用には鈴鹿市制施行80周年記念応援事業への届出が必要です。届出についての詳細は、下記リンクをご確認ください。

記念事業の構成

 鈴鹿市制施行80周年記念事業として、さまざまな事業を行います。




鈴鹿市の主導
による事業
キックオフイベント記念事業の幕開けとして、令和4年4月16日(土曜日)に記念フォトオブジェを鈴鹿フラワーパークに1カ月程度設置する事業
※この事業は、三重県が実施する「県民の日記念事業」と協同で実施するものです。
記念式典市制施行記念日である令和4年12月1日(木)に、本市の発展にご貢献いただいた方々の功績を顕彰するために挙行する式典
みんなで創ろう!レガシー事業(市主導分)市立小・中学校の児童および生徒が、学校単位で自由な発想により企画した取組を行う事業
冠付け事業本市が行う事業に「鈴鹿市制施行80周年記念事業」などの冠称や記念テーマを付けて実施する事業
イベント支援事業「実行委員会が主催し、過年度から市が補助や助成を行っているイベント」や「本市が実行委員会へ委託して行われるイベント」のうち、市制施行80周年を祝う新たな取組を行うイベントに対して、その取組に要する経費分を増額して補助や助成する事業
市民等の主導による事業応援事業市民の皆さんなどが基本理念の趣旨に賛同し、届出に基づき「鈴鹿市制施行80周年記念事業」などの冠称を付けて実施する事業
みんなで創ろう!レガシー事業(中等教育学校及び特別支援学校分)学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する中等教育学校(同法第66条に規定する後期課程を除く。)及び特別支援学校(同法第76条に規定する幼稚部及び高等部を除く。)のうち、市内に所在する学校等の児童及び生徒が、自由な発想により企画した取組を行う事業