新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


【参考情報】ワクチン追加(4回目)接種の対象となる方へ(5月18日更新)


新型コロナウイルスワクチン接種推進課 TEL 059-382-9291 FAX 059-384-5670

 ワクチン追加(4回目)接種を検討するにあたって、参考になる情報やQ&Aを掲載します。

1.ワクチンの効果

 海外の研究では、3回目接種から4か月以上経過した60歳以上の方に、ファイザー社製ワクチンを追加(4回目)接種した場合、オミクロン株流行期において、接種後6週間経過しても重症化予防効果が低下せず維持されていたと報告されています。(出典:Bar-On YM et al. Protection by a Fourth Dose of BNT162b2 against Omicron in Israel.NEJM.2022.)


2.ワクチンの安全性

 海外の研究では、4回目接種後21日目までにおいて、重大な副反応は認めなかったと報告されています。
 <表:18歳以上のワクチン接種後21日目までに現れた症状>

左右にフリックすると表がスライドします。

報告割合ファイザー社・モデルナ社
50%以上疼痛78.8%
10〜50%倦怠感33.2% 筋肉痛24.5% 頭痛21.5% 硬結・腫脹12.0%
1〜10%関節痛8.4% 37.5度以上の発熱6.6% リンパ節腫脹4.7% 紅斑・発赤8.0%
知覚障害1.5% アレルギー反応1.0%
※対象:274人(ファイザー社:154人、モデルナ社:120人)
(出典:Gili Regev-Yochay et al. Efficacy of a Fourth Dose of Covid-19 mRNA Vaccine against Omicron.NEJM.2022.)


3.副反応について

■ファイザー社製ワクチン
 ・主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、稀に起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談しましょう。
 ・ごく稀ではあるものの、1〜3回目接種では、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています(※)。接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。(※)1回目よりも2回目の接種の後に多く、若い方、特に男性に多い傾向が見られます。3回目接種については、接種が進んでいる海外において、2回目接種時よりも心筋炎の報告頻度は低かったとの報告があります。
 ・3回目接種では、1回目や2回目の接種と比較して、主に脇の下のリンパ節の腫れが多く(5%程度)報告されています。症状は軽く、数日以内に回復することが多いですが、腫れがひどかったり長引く場合は、医療機関を受診してください。

■モデルナ社製ワクチン
 ・主な副反応は、注射した部分の痛み(※1)、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、稀に起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談しましょう。(※1)初回(1回目・2回目)接種では、接種直後よりも翌日に痛みを感じる方が多く、また、接種後1週間程度経ってから、痛みや腫れなどが起きることも報告されています。
 ・ごく稀ではあるものの、1〜3回目接種では、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています(※2)。接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。(※2)1回目よりも2回目の接種の後に多く、若い方、特に男性に多い傾向が見られます。3回目接種については、接種が進んでいる海外において、2回目接種時よりも心筋炎の報告頻度は低かったとの報告があります。
 ・3回目接種では、1回目や2回目の接種と比較して、リンパ節の腫れが多く(20%程度)報告されています。症状がひどかったり長引く場合は、医療機関を受診してください。


4.追加(4回目)接種に関するQ&A【5月18日更新】


■4回目接種について

Q.いつから接種が始まりますか?
A.5月下旬から、順次実施する予定です。本市では、医療従事者や高齢者施設に入居されている方以外の方への接種を、令和4年1月31日から開始しましたので、3回目接種日から5か月後にあたる7月上旬ごろから、みなさんを対象として市内の医療機関で実施できるように準備を進めています。

Q.どこで打てますか?
A.市内の医療機関における個別接種を中心に接種を進めます。接種を行う医療機関は現在取りまとめ中です。広報すずか6月20日号の折込チラシでご案内します。

Q.ワクチンの種類は選べますか?
A.ファイザー社製及び武田/モデルナ社製ワクチンの供給を受ける予定ですが、供給割合は武田/モデルナ社製が大きくなる見込みです。どちらの種類のワクチンも十分な効果と安全性が確認されていますので、接種券が届いたタイミングでそのとき打てるワクチンの早目の接種をお勧めします。

Q.4回目接種はいつまで受けることができますか?
A.令和4年9月30日(金曜日)まで接種することができます。

Q.新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか?
A.新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできません。最低でも2週間の間隔を空けて、それぞれのワクチンを接種してください。

Q.ワクチンは必ず接種しなければなりませんか?
A.接種を受けることは強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。



■対象者・接種券について

Q.接種券はいつ届きますか?
A.4回目接種券は、下表の予定で発送します。

左右にフリックすると表がスライドします。

対象者接種券の発送日(予定)
60歳以上の方3回目接種から5か月経過した方へ順次発送します
基礎疾患等のある18歳以上の方本人等からの申し出に基づき発送します
※3回目接種から5か月経過後に申し出ができます

Q.基礎疾患がある場合、診断書は必要ですか?
A.診断書は不要です。60歳未満の方は申請により接種券を発送します。なお、申請は3回目接種後5か月を経過してから行ってください。

Q.認知症などで本人に接種意思を確認することができない場合、どうしたらいいですか?
A.接種には、ご本人の接種意思の確認が必要です。確認が難しい場合は身近な方にご協力いただき、本人の接種の意向を丁寧にくみ取ることなどによる意思確認を行ってください。



■予約について

Q.どうやって予約したらいいですか?
A.予約方法については現在準備中です。広報すずか6月20日号の折込チラシでご案内します。



■副反応及びワクチン接種後について

Q.4回目接種ではどのような副反応がありますか?
A.これまでの接種で認められている副反応では、注射した部分の痛み、発熱、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。まれにアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。副反応については、新型コロナワクチンの副反応について(厚生労働省ホームページ)(こちら)をご覧ください。
 また、事前に次の窓口へ相談することもできます。
 ■三重県新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口
 電話:059-224-3326、受付時間:24時間対応(土曜日・日曜日、祝日を含む)
 ※新型コロナウイルスワクチン接種前後の副反応に関する質問や相談の窓口です。
 ※対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語です。


Q.予防接種後に現れた症状については、どこに相談したらよいですか?
A.副反応につきましては、まずは接種医やかかりつけ医にご相談いただくか、以下の相談窓口にご相談ください。
 ■三重県新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口
 電話:059-224-3326、受付時間:24時間対応(土曜日・日曜日、祝日を含む)
 ※新型コロナウイルスワクチン接種前後の副反応に関する質問や相談の窓口です。
 ※対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語です。

 ■厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 電話:0120-761-770、受付時間:9時〜21時(土曜日・日曜日・祝日も対応)
 ※ワクチンや副反応に関する相談ができます。

 
Q.アナフィラキシーとは、どのような症状ですか?
A.接種直後に、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が起こることがあります。すぐに対応できるよう、接種場所では医薬品などの準備をしています。

Q.接種によって健康被害が生じたときに救済制度はありますか?
A.予防接種によって重大な健康被害が生じたと国が認定した場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。申請窓口は鈴鹿市健康づくり課(電話:059-382-2252、受付時間:8時30分〜17時15分(平日のみ)、住所:西条五丁目118-3 鈴鹿市保健センター1階)にあります。
 なお、現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(こちら)をご参照ください。


5.関連資料

 ■新型コロナワクチン接種4回目接種のお知らせ(厚生労働省リーフレット)
 ■新型コロナワクチンコミナティを接種される方とそのご家族へ
 ■スパイクバックスTM筋注の接種を受ける方へ

 ■第13回自治体向け説明会資料(厚生労働省ホームページ) 
  【資料1−1】新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保について13
   4回目接種の概要 18枚目
   4回目接種の対象となる基礎疾患を有する者の範囲 19枚目
   接種勧奨及び努力義務の適用範囲 20枚目
   追加接種(3回目、4回目)の接種間隔 25〜27枚目
   4回目接種のワクチンの配送量 42枚目
  【資料1−2】新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保について13
   4回目接種の有効性 40〜44枚目
   4回目接種の安全性 45枚目