新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.15についてお知らせします(4月1日)


防災危機管理課 Tel059-382-9968 Fax059-382-7603

 三重県が、県民の皆さん、事業者の皆さんに取り組んでいただきたい感染防止策をまとめた『三重県指針』ver.15を策定しましたので、お知らせします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.15 〜県民の皆様へ命と健康を守るために〜
新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.15[別冊]イベントの開催
※行事やイベントを開催(または中止や延期)する際の基準や目安などはこちらをご覧ください。

主な内容
感染防止策の基本的な考え方
  • 密閉・密集・密接の重なる『三つの「密」』の場面だけでなく、密閉空間・密集場所・密接場面のいずれか1つでも当てはまる場面は回避するとともに、人と人との一定の距離(2m程度)を確保することが重要です。
  • マスク着用にあたっては、すき間ができないようしっかりと着用してください。また、品質の確かなマスクを使用し、できれば不織布マスクの着用をお願いします。
『新しい生活様式』の定着と感染防止策の徹底
  • 県内でも『感染リスクが高まる「5つの場面」』に該当する環境において、感染が広がった事例が多数あります。特に「大人数や長時間におよぶ飲食」といった場面は感染のリスクが高まりますので、飲食店以外の路上や公園などの屋外も含め、特に飛沫感染に注意するなど、感染防止策徹底してください。
  • 同居家族以外と飲食をする場合は、食事中であっても会話をする際はマスクを着用する「マスク会食」、食事中は会話をしない「黙食」の実践をお願いします。
  • 飲食の際には、「なるべく普段一緒にいる人と行う」「深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量とする」「箸やコップは使いまわさない」「正面や真横は避けて座る」などの工夫をお願いします。
  • 特に高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化のリスクが高いため、感染防止策を徹底するとともに、周囲の方も高齢者や基礎疾患をお持ちの方と会う際は、マスクの着用など感染防止策を徹底してください。
  • 新型コロナワクチンは発症や重症化を予防する効果が認められていますので、希望される方は接種機会の積極的な活用をお願いします。若い世代の方もこうした効果などについてご家庭で話し合いを行うなど、接種についてご検討をお願いします。
  • 多言語のホームページでの情報発信や、「みえ外国人相談サポートセンター(MieCo:みえこ)」においても相談窓口を設置していますので、不安を感じた際は、ご相談ください。
移動について
  • 移動先の感染状況や移動に関する方針などをよくご確認いただくとともに、感染防止策の徹底をお願いします。併せて、移動先においても、マスクなしでの会話や大人数や長時間におよぶ飲食など、感染リスクの高い行動は控えていただくようお願いします。
  • 県内での移動の際は、『新しい生活様式』を実践するなど基本的な感染防止策を徹底するとともに、『感染リスクが高まる「5つの場面」』について特に注意をお願いします。また、施設などを利用する際は、業種別ガイドラインなどを遵守した利用をお願いします。
  • 本県へ移動の際はお住まいの都道府県の移動に関する方針などにご留意いただき、感染防止策を徹底いただくとともに、移動後も感染リスクの高い行動は控えてください。なお、体調が悪い場合は移動を避けていただくようご協力をお願いします。
事業者の皆さんへ
  • 業種ごとの感染拡大予防ガイドラインや事業所における感染防止策などにより、感染防止策の徹底をお願いします。【特措法第24条第9項に基づく協力要請】
  • 集団感染などのリスクが相対的に高い高齢者施設や社会福祉施設など、県内や全国でクラスターが発生している施設においては、職員へのワクチン接種の推進や、業務の特性に応じた感染防止策を改めて徹底いただくとともに、特に施設内へ「持ち込まない」「広げない」ことを意識した対策について職員や利用者への注意喚起を行ってください。また、感染者が発生した場合には、接触者調査や検査に積極的にご協力いただくとともに、調査などへの協力について、職員や利用者への周知・徹底をお願いします。
  • 20歳未満の若い世代においても感染者が多く発生していますので、学校などにおいても、感染防止策の徹底をお願いします。
  • 外国人生徒のいる教育機関や外国人を雇用する事業者などの皆さんは、感染防止策などについて外国人の方への丁寧な周知をお願いします。
    三重県ホームページ「外国人住民のみなさまへ For foreign residents」
    三重県情報提供ホームページ「MIE INFO」

※特措法:新型インフルエンザ等対策特別措置法

※詳しくは、三重県ホームページをご覧ください。


偏見や差別の根絶と事実に基づく冷静な対応を
・感染は自身や大切な家族にも起こり得ることで、決して他人事ではありません。社会で差別的な出来事が発生していると、体調が悪くなった際に、差別を受けることが怖くて、我慢したまま日常生活を続けてしまうことにもなりかねず、結果としてウイルスを拡散させることにつながってしまいます。
・県民の皆さんへの正しい情報提供の重要性に鑑み、勇気をもって情報を公開いただいた感染者やそのご家族、所属する企業・団体に対し、さらに個人を特定しようとすることや偏見・差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対に行わないでください。
・治療にあたっている医療従事者、仕事や通勤など、やむを得ない事情で県外と往来される方、外国から帰国された方、日本に居住する外国人の方が差別や偏見にさらされることも絶対あってはならないことです。このような偏見や差別が生じないよう十分な配慮をお願いします。
・感覚過敏、発達障がい、皮膚や呼吸器の病気など、さまざまな事情によりマスクなどの着用が困難な場合がありますので、マスクなどを着用していない方への偏見・差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷などは絶対に行わないでください。
・ワクチン接種は希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制することや、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対行わないでください。
・SNSなどにおいて事実ではない誤った情報が拡散されることにより、県民の皆さんの生活に影響を及ぼす事態も発生しています。また、ワクチン接種の進展に伴い、ワクチンに関する科学的根拠に基づかない情報や発信者の不明な情報が広がる事例もみられます。根拠が不明な情報に基づく行動やそうした情報の拡散はしないようにご協力いただくとともに、科学的根拠に基づいた情報発信をしている公的機関などからの情報をご確認ください。
・新型コロナウイルス感染症に関して、差別的な扱いを受けた、不当な差別を見掛けたなど、人権問題と思われる場面に直面した場合には、以下の相談窓口にご連絡ください。


 緊急事態宣言対象区域、まん延防止等重点措置対象区域、飲食店などへの営業時間短縮要請がなされているエリアは次のとおりです。
法に基づく緊急事態宣言(措置)の対象区域(3月31日以降)
 該当なし
まん延防止など重点措置の対象区域(3月31日以降)
 該当なし