新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


夏季における感染防止策の徹底をお願いします(7月21日)


防災危機管理課 Tel059-382-9968 Fax059-382-7603

 三重県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、7月16日に20人、17日に33人と、2日連続で17人以上が感染し、三重県が独自に設定している感染拡大の予兆をとらえるシグナルに達しました。今後、感染者数が増加する可能性が高くなっていますので、気を緩めず、しっかりと感染防止策を行いましょう。

市民の皆さんへ
  • 家族以外の人との飲食の際に会話をする場合は、必ずマスクを着用するなど、今一度、基本的な感染防止策の徹底をお願いします。
  • バーベキューなどの屋外で飲食する場合でも、大人数や長時間は避け、感染防止策の徹底をお願いします。
  • 帰省や旅行は、お盆など、人の移動が集中する時期を避けて計画し、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用されている地域への移動は避けてください。
  • 発熱だけでなく、喉の痛み、体のだるさ、鼻水など軽い症状であっても外出を避け、たとえ普段からよく会う友人などであっても、接触を減らし、家庭内でも、マスク着用や別室で過ごすなどの対策をお願いします。また、症状がある場合には、早期にかかりつけ医など身近な医療機関への相談をお願いします。
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が近づいているところですが、家族以外で、大人数・長時間観戦することは感染リスクが高くなりますので、お控えください。

偏見や差別の根絶と事実に基づく冷静な対応について(『三重県指針』ver.12より)
 感染は自身や大切な家族にも起こり得ることで、決して他人事ではありません。社会で差別的な出来事が発生していると、体調が悪くなった際に差別を受けることが怖くて、我慢したまま日常生活を続けてしまうことになりかねず、結果としてウイルスを拡散させてしまうことにつながってしまいます。仕事や通勤など、やむを得ない事情で県外から来県される方、治療にあたっている医療従事者、外国から帰国された方、日本に居住する外国人の方が差別や偏見にさらされることも絶対にあってはならないことです。このような偏見や差別が生じないよう十分な配慮をお願いします。
 ワクチン接種は希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制することや接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対行わないでください。
 SNSなどでは事実ではない誤った情報が拡散されることにより、県民の皆さんの生活に影響を及ぼす事態も発生しています。また、ワクチン接種の進展に伴い、ワクチンに関する科学的根拠に基づかない情報や発信者の不明な情報が広がる事例もみられます。根拠が不明な情報に基づく行動やそのような情報の拡散はしないようにご協力いただくとともに、科学的根拠に基づいた情報発信をしている公的機関などからの情報をご確認ください。

※詳しくは、三重県ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.12 〜県民の皆様へ命と健康を守るために〜