新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


新型コロナウイルス感染防止対策徹底のお願い(4月22日)


防災危機管理課 Tel059-382-9968 Fax059-382-7603

 新型コロナウイルスは、誰もが、いつ、どこで感染するか分かりません。
 皆さん自身、そして大切な家族や友人の“命と健康”を守るために、まずは感染予防を行った上で「持ち込まないこと」「広げないこと」が大切です。
 以下の4点にご協力をお願いします。
  • 外出自粛の徹底
  • 県外の方へのお願い
  • 3つの『密』の回避、人との距離の確保
  • 衛生管理と体調管理の徹底
外出自粛の徹底
  • 「緊急事態宣言」が発出されたことを踏まえ、生活の維持に必要な場合を除く移動の自粛をお願いします。特に「県境を越える移動の自粛」「県内における移動の自粛」「大型連休期間中における移動の自粛」を強くお願いします。
  • クラスターが発生しやすいことから、「3つの『密』」が濃厚な形で重なる場所であるバーやナイトクラブなど、夜間から早朝にかけて営業している接待を伴う飲食店やカラオケ、ライブハウスなどの遊興施設への外出は控えていただくことも強くお願いします。
  • 海外への渡航は控えていただくとともに、海外からの帰国時には自主的に率先して、空港検疫所の健康相談室に相談をお願いします。
県外の方へのお願い
 県外の皆さんにも、緊急事態措置の実施による外出自粛の徹底の趣旨を踏まえ、鈴鹿市への移動の自粛をお願いします。
 家族や友人が県外にいる市民の皆さんは、鈴鹿市への帰省や訪問を控えるよう呼びかけをお願いします。

3つの『密』の回避、人との距離の確保
 一人の方から多くの人に感染を拡大させる恐れがあることから、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間である「3つの『密』」(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けていただくとともに、人と人との一定の距離(2m程度)を保つよう努めてください。
 なお、飲食店などは、社会生活を維持する上で必要な施設ですが、感染が多数確認されている地域などにおいて、クラスターが発生していることなどを踏まえ、特に配慮をお願いします。

※4月20日(月曜日)、濃厚接触者の定義が「感染者の発症2日前から、手で触れることの出来る距離(目安として1m)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者」へ変更となりました。

■人との接触を8割減らす10のポイント:厚生労働省ホームページ

衛生管理と体調管理の徹底
 コロナウイルスの一般的な感染経路は、飛沫感染と接触感染であり、新型コロナウイルスについても同様であると考えられています。
 このため、以下のような基本的な感染予防を徹底していただくとともに、十分な睡眠をとるなど体調管理を行ってください。
基本的な感染予防
手洗いについて
せきエチケットで感染拡大防止
マスクの作り方
消毒液の作り方

本人や家族が体調不良のとき
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
各都道府県の帰国者・接触者相談センター
家庭内でご注意いただきたいこと

妊婦の方へ
妊婦の方々向けリーフレット

高齢者の方へ
新型コロナウイルス感染症の対応について(高齢者の皆さまへ)
日々の健康を維持するために