新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


市民の皆様へ(市長メッセージ)(4月21日)


秘書課 Tel059-382-7601 Fax059-384-2561

 新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を踏まえ、4月16日に、政府は全都道府県に対し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(コロナ特措法)に基づく「緊急事態宣言」を発出しました。
 三重県においては、4月7日に政府から7都府県に「緊急事態宣言」が発出された後、4月10日に「感染拡大阻止緊急宣言」を宣言しており、本市でも亀山市と共同で「移動自粛の徹底」「学校の臨時休業」「圏域内外の医療提供体制の充実」「感染防止対策の啓発と正確な情報発信」などを内容とした「鈴鹿市・亀山市緊急共同アクション」を発表し、市民の皆様の命と健康を守るための取り組みを進めているところです。
 そのような中、4月20日に政府から全国に「緊急事態宣言」が発出されたことや県内でも新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していることを踏まえ、三重県は、今後取り組むべき対策である「三重県緊急事態措置」〜5つのお願い〜(三重県ホームページ)を発表しました。
 この措置の内容は、これまで本市からも市民の皆様にお願いを呼び掛けてまいりました「感染防止対策徹底のお願い」、在宅勤務などの積極的な活用や休暇への配慮などの「企業等へのお願い」、「イベント開催自粛のお願い」、「事実に基づく冷静な対応のお願い」などに加えまして、「休業要請等へのご協力のお願い」を含む5つで構成されており、特に休業要請につきましては、基本的に休止を要請する施設として、遊興施設など、運動・遊技施設、劇場など、集会・展示施設、文教施設、大学・学習塾など、博物館など、ホテルまたは旅館(集会の用に供する部分)、商業施設(生活必需物資の小売関係や生活必需サービス業は除く)など、具体的に対象を挙げながらご協力をお願いすることとしております。また、この三重県からの休業要請・依頼に全面協力いただける中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)に対しては、県と市の協調事業として、1事業者あたり50万円の協力金が交付されます。
 この全国的な危機を克服するためには、市民の皆様をはじめ、日頃から市内の社会・経済活動や市民生活を支えていただいております事業者の皆様のご協力が必要不可欠です。
 改めまして、ご自身やご家族、また大切な人の“命と健康”を守っていただくため、お一人お一人が意識を高めながら、新型コロナウイルス感染症に打ち勝つための行動に、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月21日
鈴鹿市長  末松則子