新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


市民の皆様へ(市長メッセージ)(4月3日)


秘書課 Tel059-382-7601 Fax059-384-2561

 市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症は世界的な流行となり、現在の情勢では全世界で100万人の患者数を超える事態となっています。日本における感染も徐々に広がりをみせており、憂慮すべき状態となっておりますが、鈴鹿市でも3月30日(月曜日)に感染者が確認されました。
 このことを受け、三重県鈴鹿保健所などにおいて、感染者の行動履歴の確認と接触が疑われる方の外出自粛要請、また必要な方へのPCR検査などを行っているところでありますが、現在のところ、市内で新たな感染者が確認されたという事実は発表されていません(4月3日(金曜日)15時現在)。
 市民の皆様には、大変ご心配をいただいているところではありますが、新たな情報は速やかに市ホームページなどで発信してまいりますので、不確かな情報に惑わされることなく、冷静な判断や行動を心掛けながら、感染拡大防止策へのご協力をお願いいたします。

 本市では、3月30日(月曜日)に感染者が確認されたことを受け、速やかに鈴鹿市新型コロナウイルス対策本部会議で協議を行った結果、感染拡大防止策として、4月1日(水曜日)から再開する予定であった図書館や考古博物館、武道館などの21施設について、当面の間、休館を延長するとともに、これまで開館していた全公民館や文化会館、市民会館などの46施設についても休館するなどの措置をとることといたしました。AGF鈴鹿陸上競技場や市立テニスコートなどの屋外施設に関しては、大会や講習会、イベントなどでの利用はお断りし、50人以上での団体利用につきましても自粛をお願いすることといたしました。
 また、新年度の学校日程についても始業時期を1週間ほど遅らせることとし、小・中学校の始業式は4月13日(月曜日)、入学式は4月14日(火曜日)、幼稚園は4月15日(水曜日)から新学期を開始し、同日に入園式を行うことといたしました。 
 今回の感染者に接触をしたと疑われる方の人数が多数であったことを踏まえ、感染拡大を早期に防止することが一番の対策と考え、このような判断をしたところです。
 新型コロナウイルス感染症は、いつ・どこで・誰が感染するか分かりません。市民の皆様には、このような状況をご理解いただき、引き続き、咳エチケットや手洗いなどの徹底をしていただくとともに、不要不急の外出は避け、いわゆる3つの密である「換気の悪い密閉空間」「人が密集している場所」「近距離での密接な会話」を回避する行動をお願いいたします。
 また、多数の方が集まるような集会やイベントなどの実施、または参加についても、当面の間、自粛いただきますよう重ねてお願いいたします。
 日々状況は変化する中ではありますが、今後も鈴鹿市新型コロナウイルス対策本部会議において協議し、各関係機関と連携しながら、市民の皆様の健康と安全を守るための取り組みを進めるとともに、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

令和2年4月3日
鈴鹿市長 末松 則子