新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金についてお知らせします(11月16日)


健康福祉政策課 Tel059-382-9012 Fax059-382-7607

 電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯に対し、1世帯あたり5万円を価格高騰緊急支援給付金として給付します。
 
対象
(1)基準日(令和4年9月30日)において、本市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度の住民税均等割が非課税である世帯 
※住民税が課税されている者の扶養親族などのみからなる世帯を除く
(2)予期せず令和4年1月から12月までの家計が急変し、同一の世帯に属する者全員が令和4年度分の住民税が非課税である世帯と同様の事情にあると認められる世帯
※住民税が課税されている者の扶養親族などのみからなる世帯を除く
※非課税相当収入限度額は下表のとおりです。

令和4年度住民税均等割非課税判定の参考(給与所得のみの場合)

左右にフリックすると表がスライドします。

扶養している親族の状況非課税相当収入限度額
(収入額ベース)
非課税相当所得限度額
(所得額ベース)
単身または扶養親族がいない場合93.0万円38.0万円
配偶者・扶養親族(1人)を扶養している場合137.8万円82.8万円
配偶者・扶養親族(2人)を扶養している場合168.0万円110.8万円
配偶者・扶養親族(3人)を扶養している場合209.7万円138.8万円
配偶者・扶養親族(4人)を扶養している場合249.7万円166.8万円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合204.3万円135.0万円
※(1)(2)を重複して受給はできません。

給付額
 1世帯あたり5万円

手続き
(1)住民税非課税世帯
・令和4年1月1日以前から鈴鹿市に住民票がある場合
 対象と思われる世帯に対し、確認事項が書かれた「支給要件確認書」を送付します。必要事項を記入して同封の返信用封筒で返送してください。
※令和4年11月16日から順次発送します。
・令和4年1月2日以降に転入された場合
 給付金の対象となる世帯は申請が必要です。
※令和4年11月21日から受付します。
 本人確認書類、振込先確認書類を持参いただき申請してください。郵送でも申請できます。

申請書(非課税)
申請書(非課税)記入例

(2)家計急変世帯
給付金の対象となる世帯は申請が必要です。
※令和4年11月21日から受付します。
 収入状況を確認できる書類(給与明細、源泉徴収票など)、本人確認書類、振込先確認書類を持参いただき申請してください。

申請書(家計急変)
申請書(家計急変)記入例
収入(所得)申立書

注意事項
給付金の支給対象外となる場合
  • 住民税課税相当の収入がある世帯員がいる場合
  • 世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族などの扶養を受けている場合
  • 一度給付を受けた世帯に属する場合
※給付金の支給後、支給要件に該当しないことが判明した場合は給付金を返還していただきます。
世帯分離について
  基準日(令和4年9月30日)翌日以降に同一住所において別世帯とする世帯の分離の届け出があった場合でも同一世帯とみなされ、世帯の分離後のいずれかの世帯が給付金を受給した場合は、もう一方の世帯は給付金を受け取ることができません。
修正申告により令和4年度住民税が非課税になった場合
 基準日(令和4年9月30日)以降の修正申告などにより令和4年度住民税が課税から均等割非課税になった場合は、申告の控えを持参していただき申請してください。


問合せ
支給に関する問合せ
 電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金専用電話
 電話0800-200-0673(通話無料)(平日8時30分〜17時15分)
制度に関する問合せ
 内閣府のコールセンター
 電話0120-526-145(9時〜20時、土曜日・日曜日、祝・休日を除く)

「給付金」に関する振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください。
 ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、振込手数料などを求めることは絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合にはすぐに鈴鹿市の窓口または最寄りの警察か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。