新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


【11月14日から】乳幼児(6か月〜4歳まで)接種が始まります(11月8日更新)


新型コロナウイルスワクチン接種推進課 TEL 059-382-9291 FAX 059-384-5670

お子様と保護者の方へ
 このワクチンは、接種による感染症予防の効果が確認されていることから、市民の皆様に受けていただけるようお勧めしていますが、強制ではありません。接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、接種を受けてください。

 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(保護者の方へ)
 新型コロナワクチンを受けた後の注意点(保護者の方へ)
 新型コロナワクチンQ&A(厚労省HP)【10月28日更新】



乳幼児(6か月〜4歳)接種の基本情報


対象
 1回目接種の時点で、生後6か月〜4歳の方
【注意点】
・1回以上接種してから、3回接種を完了するまでに5歳に達した方は、3回とも乳幼児用ワクチンを接種します。
・1回も接種せずに5歳に達した方は、小児用ワクチン接種の対象になります。

使用するワクチン
 ファイザー社製(乳幼児用) ※有効成分は12歳以上用の10分の1です
 ファイザー社製ワクチン説明書

接種回数
 3回

接種間隔
 1回目と2回目の接種間隔…3週間(少なくとも18日以上)
 2回目と3回目の接種間隔…8週間(55日)以上

接種費用
 無料

接種開始日
 令和4年11月14日(月曜日)

接種ができる場所
 市内の小児科を中心とした医療機関で実施します。詳しくはこちらをご覧ください。


接種券について

【11月8日更新】
 乳幼児接種の接種券を、11月8日(火曜日)までに対象者へ発送しました。
 なお、これまでに接種券を発送した対象者は、生年月日が令和4年5月9日(月曜日)までの方です。令和4年5月10日(火曜日)以降に生まれた方へは順次発送を行っていきます(申請不要)。


予約方法

 接種券が届いた方から、ご希望の医療機関へ直接予約してください。

当日の持ち物
  記入済の予診票(接種券一体型)と接種済証
  お子様の本人確認書類(マイナンバーカード、保険証など)
  母子健康手帳
  お薬手帳(必要に応じて)

接種を受ける際の同意
 接種当日は、保護者の同伴および予診票へ署名が必要です。

※市外のかかりつけ医での接種を希望する場合は、かかりつけの医療機関または所在する自治体の担当窓口にお問い合わせください。


副反応について


接種後のご注意
 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。
 なお、ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

接種後数日以内に現れる可能性のある症状

左右にフリックすると表がスライドします。


年齢症状(発現割合:1回目接種後→2回目接種後→3回目接種後)
生後6か月〜1歳易刺激性(機嫌が悪い) 51.2%→47.4%→43.6%
食欲減退 22.2%→22.2%→20.2%
傾眠状態(眠たくなる様子) 27.0%→23.8%→19.9%
圧痛   16.6%→15.0%→16.0%
発熱   7.2%→7.4%→6.8%
腫脹(注射部位の腫れ) 3.9%→3.9%→2.7%
発赤   10.6%→9.3%→7.1%
2歳〜4歳疼痛 30.8%→31.0%→26.7%
疲労 29.7%→25.7%→24.5%
発赤 8.8%→11.4%→10.9%
下痢 7.7%→6.7%→5.1%
発熱 5.2%→4.9%→5.1%
頭痛 4.5%→4.6%→4.9%
腫脹 3.7%→5.7%→3.1%
嘔吐 3.0%→3.4%→1.6%
悪寒 2.3%→3.0%→3.3%
筋肉痛 2.4%→2.6%→2.0%
関節痛 0.8%→1.4%→1.3%
・接種直後よりも翌日に痛みを感じている方が多いです。
・これらの症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

接種後すぐに現れる可能性のある症状

左右にフリックすると表がスライドします。

アナフィラキシー 薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。起こることは極めてまれですが、接種後に血圧低下や意識レベルの低下を伴うアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、ワクチンの接種会場や医療機関では、適切な医療体制を整備しています。
血管迷走神経反射 ワクチン接種に対する緊張や強い痛みをきっかけに立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になったり、抱っこをしたりして休めば自然に回復します。



副反応に関する相談

副反応に関する質問や相談
(1)三重県新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口
 電話 059-224-3326
 受付時間 24時間対応(土曜日・日曜日、祝日を含む)
 「新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口」(三重県ホームページ)

(2)厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 電話 0120-761-770
 受付時間 9時〜21時(土曜日・日曜日、祝日を含む)


健康被害救済制度について

 一般的にワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀(まれ)ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、こちらをご覧ください。

健康被害救済制度に関する相談(鈴鹿市健康づくり課)
  電話 059-382-2252
  受付時間 8時30分〜17時15分(平日のみ)