ここから本文です。

お知らせNEWS

「地震災害発生時における被災建築物応急危険度判定に関する協定」を一般社団法人三重県建築士会鈴鹿支部様と締結しました

2018年3月13日

大規模地震が発生した場合、収容避難所となる施設の安全確認を速やかに行う必要があることから、有効かつ迅速に判定活動ができる体制の整備を目的とし、一般社団法人三重県建築士会鈴鹿支部様と協定締結を行いました。

■協定概要

協定名称 地震災害発生時における被災建築物応急危険度判定に関する協定
協定締結日 平成30年3月13日(火)
協定内容
1 鈴鹿市は、地震災害が発生した場合、建築士会鈴鹿支部に支援及び協力を要請
2 建築士会鈴鹿支部は、収容避難所の被災建築物応急危険度判定を実施


※被災建築物応急危険度判定
地震により建築物が被災した場合、その建築物が使用できるか否かを応急的に判定すること