防災マップ

防災マップ


ここから本文です。

 平成30年3月に、風水害と地震災害に対応した防災マップを更新しました。風水害と地震災害では避難の方法や避難先が異なりますが、啓発面にそれぞれの避難方法(避難フロー)を記載しています。お住まいの地区やお勤め先などのハザード情報を地図面で確認の上、啓発面の避難フローを参考に各自の避難計画の作成にお役立てください。

 なお、防災マップは市役所本館1階総合窓口、本館5階防災危機管理課、各地区市民センターの窓口でも配布しています。

※耐水製が有り、破れにくいストーンペーパーと呼ばれる特殊紙を採用しています。前回の防災マップと紙の質感が異なりますのでご留意ください。
※コインスケール機能は、地図面をA1サイズで出力した場合のみ、実際の硬貨と同様の大きさになります。

更新された主な情報(ハザード関係)

  • 鈴鹿川・安楽川における想定最大規模の浸水想定区域
  • 河川堤防決壊時に危険な地域となる家屋倒壊等氾濫想定区域
  • 津波浸水予測区域(理論上最大クラスの南海トラフ地震)
  • 土砂災害警戒区域(平成25年度〜平成29年度にかけて三重県が指定)

更新された主な情報(その他)

  • 優先開設される収容避難所を標記
  • 大規模災害時の給水箇所を標記
  • 従来使用されてきた二次避難所の名称を福祉避難所に変更
  • ローリングストック(循環備蓄)に関する内容を追加
  • その他、ボランティアセンターや救護所など、災害支援拠点施設などを追加

防災マップ