市長のページ

ここから本文です。

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
平成31年3月14日(木)

新名神高速道路鈴鹿パーキングエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」内覧会

  • 時間:10時50分
  • 場所:鈴鹿PA
新名神高速道路鈴鹿パーキングエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」内覧会の写真1新名神高速道路鈴鹿パーキングエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」内覧会の写真2新名神高速道路鈴鹿パーキングエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」内覧会の写真3

来る3月17日にオープンする新名神高速道路鈴鹿パーキングエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」の内覧会に出席しました。F1マシンやレーシングスーツの展示、食用の鈴鹿墨を用いたラーメン、伊勢型紙の展示コーナー等、鈴鹿らしさが溢れる素晴らしいパーキングエリアです。一般道からの利用も可能ですので、ぜひ一度ご来場ください。

皆さんへメッセージ

 3月に入り日増しに暖かくなってきました。春の訪れを実感するこの頃ですが、まだまだ寒暖差もありますので体調には十分ご留意ください。
 いよいよ、3月17日(日曜日)16時、待ちに待った新名神高速道路の新四日市JCT〜亀山西JCT(延長約23km)と鈴鹿PAスマートICが開通します。
 これにより、中部圏や関西圏へのアクセスが飛躍的に向上し、市民の皆様や全国から本市を訪れる皆様の利便性が高まることのほか、企業進出や雇用の創出など様々な効果が期待されています。
 また、このほど鈴鹿PAの商業施設の愛称が「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」と発表されました。サーキットのピットを連想することができ、モータースポーツの聖地、鈴鹿の情報を発信する施設としてふさわしいネーミングだと思います。高速道路本線から、また一般道からピットインした利用者の皆様には、リフレッシュをしていただく場所としてご活用いただくのはもちろん、F1マシンやF1日本グランプリ優勝者の手形の展示、鈴鹿墨・伊勢型紙などの伝統工芸など鈴鹿の魅力を知っていただくスペースも設けられています。また、フードコートでは、四季折々の恵みからなる地元の食材をふんだんに使った鈴鹿名物を味わうことができるほか、物産品のお土産コーナーなどもありまので、皆様ぜひお立ち寄りください。
 さて、3月11日が近づくと、目に焼きついた8年前の東日本大震災の惨状が浮かんできます。本市では、この日にあわせて、すべての公立小中学校における防災学習を実施します。この学習では、南海トラフ地震に対して児童生徒の防災意識を高めるため、本市と交流のある宮城県女川町の復興の様子や被災した人々の思いをまとめたDVDを視聴し、また本市消防本部の考案した「平泳ぎ避難」を取り入れながら実践的な訓練を実施します。市民の皆様もこの機会にもう一度、災害への備えについてご確認いただきたいと思います。

(平成31年3月)

新着情報
3月4日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況を更新しました。