市長のページ

ここから本文です。

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
平成29年4月29日(土)

白江土地区画整理組合総会

  • 時間:10時30分
  • 場所:江島カルチャーセンター
白江土地区画整理組合総会 - 1枚目  

江島カルチャーセンターで行われました白江土地区画整理組合総会に出席しました。

皆さんへメッセージ

 青葉若葉のさわやかな風の吹く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 毎年恒例となりました国際交流フェスタ「わいわい春まつり」が、4月23日に鈴鹿ハンター・弁天山公園で開催され、3千700人を超える多くの市民の皆さんが来場されました。
 当日は、野外ステージでサンバなど世界各国の音楽やダンスが披露され、国際屋台村では、ブラジル、ペルーなど11カ国の料理の販売も行われました。私も、会場で鮮やかな空色のマレーシアの民族衣装に身を包みながら、皆さんと一緒にまつりを楽しませていただきました。
 さて、5月5日「こどもの日」からの一週間は児童福祉週間です。
 すべての子どもたちが家庭や地域において、豊かな愛情に包まれながら、夢と希望をもって未来の担い手として、個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会をつくっていくことが重要です。
 本市では、子どもたちの健やかな成長を応援するため、これから子育てをする方や現在子育て中の方に向けた子育て応援ブック「すずっこナビ」を発行しています。本誌には、妊娠期の情報や子育てに関するさまざまな事業紹介、お出かけ情報も掲載しており、市役所庁舎や各市民センター、子育て支援センター、保健センター等で配布しております。子育てについて困ったこと、知りたいことがある時は是非ご利用ください。
 ところで、5月5日の「こどもの日」は、古来から端午の節句とされています。
 この日には、鯉のぼりを立て、ちまきや柏餅を食べたり、また菖蒲湯に浸かったりと日本の伝統的な風習がありますが、最近ではこのような風習もだんだんと行わなくなる傾向にあると言われています。この機会に、日本の文化の良さをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

(平成29年5月)

新着情報
5月9日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況を更新しました。