市長のページ

ここから本文です。

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
平成30年5月7日(月)

三重花菖蒲スポーツクラブ三重バイオレットアイリス新人選手表敬訪問

  • 時間:10時00分
  • 場所:市長室
三重花菖蒲スポーツクラブ三重バイオレットアイリス新人選手表敬訪問の写真1三重花菖蒲スポーツクラブ三重バイオレットアイリス新人選手表敬訪問の写真2 

三重花菖蒲スポーツクラブ三重バイオレットアイリスの櫛田亮介監督、原希美主将、新人の団玲伊奈選手にお越しいただきました。今後も全力でサポートしていきたいと思います。

皆さんへメッセージ

 青田をわたる風が心地よく、新茶の便りも聞こえる季節となりました。
 さて、モータースポーツの聖地として有名な鈴鹿の夏に、今年の8月新たな4輪レース「鈴鹿10時間耐久レース(鈴鹿10h:テンエイチ)」が誕生します。このレースは、世界の有力チームが集う「GT3」カテゴリーの頂上決戦となり見どころが満載です。今後、7月に開催される2輪の「8耐」と並び、鈴鹿の夏の風物詩として、多くのファンの皆さんが楽しむ祭典になることを期待しています。そしてさらに、このレースが開催される8月24日〜26日の前日、8月23日には、「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」を開催します。このイベントの目玉となるのが、鈴鹿10hに出場するマシンの公道パレードです。レースに出場する約50台のマシンが、鈴鹿サーキットからフェスティバルの会場であるイオンモール鈴鹿までの公道(通称:サーキット道路)往復約6.6Kmを走行するというもので、市街地を封鎖して行うパレードとしては国内最大規模となります。また、イオンモールの会場では、レースマシンの公開車検もご覧いただけますので、皆さんもぜひ、レースマシンの鼓動を体感してください。
 さて、今年の2月、大阪リーガロイヤルホテルと地元鈴鹿サーキットにおいて、鈴鹿の銘酒と食材を使ったイベントを開催しご好評をいただいたところですが、このたび、5月25日に東京の都市センターホテルにおいて「日本酒を愉しむ会〜作〜」を開催します。また、このイベント後約2ヶ月間、同ホテルにおいて、鈴鹿の食材を中心とした料理フェアが開催される予定ですので、お近くにお出かけの際には是非お立ち寄りください。

(平成30年5月)

新着情報
2月9日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況を更新しました。