記者会見資料

[定例20/03/12]AGF鈴鹿体育館のリニューアルオープン


ここから本文です。

 
 AGF鈴鹿体育館は、施設の長寿命化と三重とこわか国体のハンドボール競技の開催を目的とし、平成30年10月に大規模改修工事に着工いたしました。

 新たなAGF鈴鹿体育館は、屋根や外壁などに長寿命化改修が施されたほか、メインアリーナ、サブアリーナの床面を全面リニューアルするとともに、LED照明を設置し、省電力化に努めております。

 また、エレベーターや車いす使用者のための観覧席、授乳室を設置したほか、多目的トイレを増設いたしました。

 建築後、約45年が経過した建物ではございますが、今回の大規模改修を機に誰もが、楽しく、安心して快適にご利用いただける施設になったものと思います。

 新しいAGF鈴鹿体育館が、市民の皆さまの身近なスポーツ活動の拠点として末永く親しまれていくことを願っております。