記者会見資料

[定例19/09/27]「大黒屋光太夫記念館 企画展」の開催


ここから本文です。

 令和元年10月9日(水曜日)から、12月8日(日曜日)まで、大黒屋光太夫記念館にて、日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念「光太夫とふたりのラクスマン‐日本・フィンランド関係のあけぼの」というテーマで、企画展を開催いたします。

 今年は日本とフィンランドが外交関係を樹立して100周年の記念の年に当たり、その記念として、フィンランド国立公文書館が、日本とフィンランドの交流史を紹介するパネルを16枚作製し、5月にはフィンランド大使館で公開されました。 

 このパネルの中には大黒屋光太夫のロシアからの帰国に関わりがあったフィンランド出身のエリク・ラクスマンとその次男アダム・ラクスマンについて記載されたものがあり、フィンランド大使館から、ぜひとも光太夫の出身地である鈴鹿市で、パネルを展示してほしいとの要望があったことから、今回の企画展を開催するものでございます。