記者会見資料

[定例19/06/05]「鈴鹿モータースポーツフェスティバル2019」の開催について


ここから本文です。

 鈴鹿モータースポーツフェスティバル2019につきましては、昨年も多くのボランティアや関係者の皆さまのご協力のもとで開催を予定しておりましたが、台風による大雨警報が直前に発表され、残念ながら中止となった経緯もございますので、今年は令和元年8月22日(木曜日)に、ぜひ実施したいと考えております。

 「鈴鹿モータースポーツフェスティバル2019」を開催することで、鈴鹿市民をはじめ、より多くの方々に広く交通安全を啓発し、安全で安心な街づくりにつなげ、また全国の方々にモータースポーツの魅力を発信し、モータースポーツに親しんでいただきたいと考えています。

 イベントの内容ですが、イオンモール鈴鹿さまの駐車場において、同時期に開催されるSUZUKA 10H(スズカ テン エイチ)に出場するGT3マシンの展示や、ドライバーによるトークショーやサイン会、また、Made in Suzukaの2輪・4輪チームによる各車両の展示や乗車体験などを行うほか、フェスティバルの最大の見どころとして、鈴鹿サーキットからイオンモール鈴鹿までの片道3.3kmの道路を封鎖し、GT3のマシン約50台による公道パレードを実施いたします。このような規模での公道パレードは日本で初めてであり、まさにモータースポーツの祭典の名にふさわしいものと考えております。

 なお、開催時期は夏休み期間中でもありますので、子どもから大人まで、また全国各地からぜひ足を運んでいただければと思います。

 本フェスティバルを通じて、モータースポーツという地域資源を持つ本市の都市ブランドがさらに向上するとともに、市民の皆さまがモータースポーツに親しむ文化の醸成が一層進むことを期待しております。