記者会見資料

[定例18/08/09]台湾訪問について


ここから本文です。

会見時の市長の画像
 
 2013年に開催されました「日台観光サミットIN三重」を契機といたしまして、三重県が台湾との交流をすすめており、本年が交流5周年の節目の年となります。
 このことから、この度、公益財団法人三重県市町村振興協会の海外地方行政調査団に参加して台湾を訪れ、記念シンポジウムなど三重県の台湾経済交流ミッションに本市が参加することで、本市の地域産品の販路開拓等に関しまして政府行政機関及び関係者との意見交換を行いたいと考えています。また、友好と交流、相互の経済発展の目的とシティプロモーションを行うことを目的として、台湾南部にございます高雄市を訪問いたします。
 皆様ご存知のように、今年は、F1日本グランプリの鈴鹿での開催が30回目を迎える記念大会となります。
高雄市には、鈴鹿サーキット国際レーシングコースのレイアウトを再現した「鈴鹿サーキットパーク」があり、本市への認知度も高いことから、高雄市内の大型複合商業施設「タロコパーク」にて、シティプロモーション活動を実施し、10月に開催されるF1日本グランプリへの誘客キャンペーンを積極的に実施してまいります。