記者会見資料

[定例18/07/05]東京・新虎「旅するマーケット」への出展及びシティセールス県外イベントの開催について


ここから本文です。

チラシの画像
 
 本市では、2020年東京オリンピック・パラリンピックのシンボルストリートである東京・新虎通りにおける「旅するマーケット」事業への出展を昨年度に引き続き行います。
 「旅するマーケット」事業は、地方自治体の新たな魅力発信拠点であり、注目度も高まってきていることから、今回は、本市単独の出展ではなく、桑名市、菰野町と連携することで、各自治体の地域資源を生かし、「旅するスタンド」では、幅広い食材を使ったメニューを取り揃えるなど、首都圏の消費者にとって魅力的なラインナップにしていきたいと考えております。
 出展期間は、7月3日から12月28日までの約6ヶ月間で、期間中は、「旅するスタンド」における料理以外のイベントも随時展開してまいります。
 まずは、オープニングイベントとして、7月7日には、「旅する七夕」と銘打って、連携する自治体とともにワークショップや振る舞いを行う予定であり、私自身も現地で本市の魅力を伝えるべくトップセールスを行ってまいります。
 また、「鈴鹿8時間耐久ロードレース」の決勝日である7月29日(日曜日)には、東京都港区のHondaウエルカムプラザ青山で行われる鈴鹿8時間耐久ロードレースのパブリックビューイングの場をお借りし、首都圏でのシティセールスイベントを開催いたしますことから「旅するスタンド」との連携イベントとして、鈴鹿8耐にちなんだ1日限定料理の提供などによるPRを行うほか、Hondaウエルカムプラザ青山では、7・8月限定の割引チケットのプレゼントもご用意しております。
 なお、Hondaウエルカムプラザ青山では、オープニングイベントでのシティセールスとして私も、レーススタート前にステージ挨拶を行うほか、来場者に、本市への興味・関心を更に深めていただくため、趣向を凝らしたイベントを実施してまいりたいと考えており、今年度は、首都圏の2箇所から鈴鹿8耐を盛り上げ、本市の魅力を大いに発信してまいります。