記者会見資料

●●●[定例17/08/10]鈴鹿市有形文化財の指定について


「法華経論義三百帖」下巻の画像
 
 それでは、新たに鈴鹿市の有形文化財に指定されました、「専照寺聖教類 附(せんしょうじしょうぎょうるいつけたり) 関係資料 38点」について発表させていただきます。
 鈴鹿市磯山にある真宗高田派・専照寺に伝来する5,090冊の聖教類(しょうぎょうるい)は、同寺の住持らが撰述・書写・蒐集(しゅうしゅう)したもので、鈴鹿市域の寺院における 学問・教育・文化の実態を知る上で、貴重な蔵書群であり、この度、典籍(てんせき)として市の有形文化財に指定されました。
 
文化財課

配布資料(PDF)