佐佐木信綱記念館

施設概要

担当:文化財課 TEL・FAX 059-374-3140

ここから本文です。

位置図

図:位置図

各施設紹介

佐佐木信綱生家

写真:佐佐木信綱生家

 歌人・国文学者の佐佐木信綱は、明治5年、東海道44番目の宿駅として栄えた石薬師に生まれました。

 昭和45年12月12日、信綱の生家を拠点に佐佐木信綱記念館は開館しました。現在、生家は外側(庭)から内部を見学することができ、訪れた人々の心をなごませるスペースとなっているようです。また、平成23年2月1日に、鈴鹿市景観重要建造物第1号に指定されました。同年10月28日には、国の登録有形文化財(建造物)に登録(文庫・土蔵も含む)されました。

佐佐木信綱資料館

写真:佐佐木信綱資料館

 佐佐木信綱資料館は、昭和61年5月28日、信綱生家左隣に建てられました。

 鉄筋コンクリート2階建。1階に展示室、2階には講座室(ホール・和室)があります。1階展示室では、幼少期から晩年までの信綱自筆短冊や掛軸、著作物、遺品などを公開しています。

石薬師文庫

写真:石薬師文庫

 石薬師文庫は、昭和7年、信綱が還暦を記念して故郷に贈りました。

 「これのふぐら良(よ)き文庫(ふぐら)たれ故郷(ふるさと)の里人のために若人(わこうど)のために」という、信綱の思いが込められています。現在でも地域の図書館として、多くの人々に親しまれています。