行事・イベント

プラネタリウムのご案内

担当:文化会館 TEL 059-382-8111 FAX 059-382-8580

ここから本文です。

プラネタリウムの番組

一般番組

6月15日(土曜日)〜9月8日(日曜日)

全天周投映「ぼのぼの 〜宇宙から来たともだち〜」

 ラッコの子供・ぼのぼのの前に現れた、自分そっくりな宇宙人・ボノボーノ。
 彼と宇宙のヘンなモノを集めるため、ぼのぼのは森の仲間と宇宙旅行へ出発!
 寒かったり暑かったりの大気圏、キラキラ光るフシギな生き物がいっぱいの銀河を越え、おかしな惑星を探検!
 プラネタリウムドームいっぱいに夢と友情の冒険が始まります!

画像 ぼのぼの 〜宇宙から来たともだち〜

星座の解説

 躍動する夏が来ました。夏と言えば七夕様と天の川ですね。

 最近街の灯りが明るくなり、残念な事に天の川はよほど暗い所に行かないと観ることが出来なくなってしまいました。
 それでも夏の星座では「こと座」の1等星ベガ(織り姫星)を中心に、夏の大三角の「わし座」のアルタイル(彦星)、「はくちょう座」デネブが、南の空には「さそり座」のアンタレスが輝いています。
 このような1等星は、街中でもすぐ見つけることが出来ます。星の位置関係から見えなくなってしまった天の川を想像してみて下さい。プラネタリウムでは天の川をくっきりと映し出すことが出来ます。探してみて下さい。
 夏のギリシャ神話は、不思議な姿をした「いて座」のケイローンのちょっと悲しいお話です。

画像 いて座のケイローン

※入場無料です。

学習番組(小学校3年生〜6年生対象。学校団体申込みに限ります。)

 「日なたと日影、太陽、月、星の動き」
※事前にご予約の上、ご来館ください。

幼児番組(未就学児対象。保育園、幼稚園などの団体申込みに限ります。)

 9月6日(金曜日)までは夏の特別番組「たなばたさまとちきゅうのなかま」を投映します。

天体観望会(令和元年度)

プラネタリウムでテーマの解説後、屋上に上がり天体望遠鏡で観察します。

左右にフリックすると表がスライドします。

開催日時時間テーマ
5月18日(土曜日)いずれも
19:00〜20:30
春の星座、二重星ミザールの解説
6月15日(土曜日)初夏の星座、月への挑戦
7月13日(土曜日)夏の星座、七夕さまと天の川
8月10日(土曜日)夏の星座、流れ星をみよう
9月7日(土曜日)初秋の星座、中秋の名月
10月5日(土曜日)秋の星座、めぐる惑星たち

プラネタリウム投映時間

1回目  10時30分から
2回目  13時30分から
3回目  15時から

定員各回180名(10名以上の団体は早めにご予約ください)
休館日毎週月曜日と第3火曜日(その日が「国民の祝日」の時はその翌日)
12月28日から翌年1月4日まで

※点検などで投映を休止することがありますので、事前に電話で確認の上、お越しください。

プラネタリウムの概要

プラネタリウム直径15メートルのドーム内に各季節の星座を投映し、180人が観賞できます。

プラネタリウムギャラリー

時間 10時〜16時
施設 宇宙体重計、AVガイド12番組、天球儀、太陽系運行儀、隕石の標本など