ここから本文です。

国指定 史跡 伊勢国分寺跡

国分寺は、天平13(741)年、聖武天皇の詔により、各国に建てられた官営の寺院です。伊勢国の国分寺跡は、地名が示すように鈴鹿市国分町に所在し、大正11年に国の史跡に指定されました。昭和63年から平成20年まで断続的に実施された発掘調査の成果をもとに歴史公園として整備を行い、令和2年4月にオープンする予定です。

伊勢国分寺跡は、ガイダンス施設でもある博物館の3階展望デッキから一望することができます。