新型コロナウイルス感染症関連情報

特別定額給付金に関するよくある質問


ここから本文です。

 特別定額給付金ついて、市民の皆さんからよくいただく質問をまとめましたので、参考にしてください。(令和2年5月28日現在)

制度に関するQ&A

Q1 給付対象者は誰ですか?

 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、鈴鹿市の住民基本台帳に記録されている方です。

 基準日以前に住民票を消除されていた方で、基準日において日本国内で生活していたものの、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて鈴鹿市の住民基本台帳に記録されることとなった方も含まれます。

 基準日において、配偶者からの暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている方およびその同伴者であって、基準日において居住している市区町村にその住民票を移していない方については、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、鈴鹿市において給付対象となります(「制度に関するQ&A」Q12を参照ください)。

 なお、外国籍で短期滞在者および不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象になりません。

Q2 申請者および受給者は誰ですか?

 住民基本台帳上の世帯主の方です。世帯主が、申請者および受給者になります。

Q3 受給の基準日はいつですか?

 令和2年4月27日です。

Q4 給付額はいくらですか?

 世帯構成員一人につき、10万円です。

Q5 申請方法はどのような方法がありますか?

 郵送申請方式とオンライン申請方式の2つです。

Q6 窓口で申請はできないでしょうか?

 新型コロナウイルス感染症への感染防止の観点から、郵送申請方式とオンライン申請方式を原則とし、窓口での対面による申請は避けることとしています。郵送申請かオンライン申請のいずれかの方法での申請にご理解とご協力をお願いします。

Q7 申請期限はいつですか?

 令和2年8月31日(月曜日)です。

Q8 鈴鹿市の給付金の手続きはいつ開始されますか?

 郵送申請方式による申請書を、令和2年5月19日(火曜日) から順次発送を開始しています。

 オンライン申請方式については、令和2年5月1日(金曜日)から申請の受付を開始しています。

※オンライン申請方式は、世帯主のマイナンバーカードが必要です。

※申請書の提出が確認できない方には、7月下旬に申請のお知らせを送付します。

Q9 給付の決定はどのようにされますか?

 送付された申請書の内容と本人確認書類などを確認し、給付を決定します。

Q10 給付金の振込時期はいつですか?

 令和2年5月14日(木曜日)から順次給付を開始しています。

 受付した申請内容の確認ができ次第、順次振り込みを行います。

 ※振込日などを確認することができます。確認方法については、こちらをご覧ください。

Q11 給付金はどのように給付されますか?

 申請書に記入いただいた世帯主(申請者)名義の口座へ振り込みます。

Q12 配偶者から暴力を受け避難しています。給付金は受け取れますか?

 基準日(令和2年4月27日)時点で、配偶者からの暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている方(いわゆるDV避難者)およびその同伴者であって、基準日において居住している市区町村にその住民票を移していない方については、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、給付対象になります。

 一定の要件については、以下のいずれかに該当することが確認できる書類が必要になります。いずれも避難していることが要件になりますのでご理解ください。必要となる書類などについては、特別定額給付金室(TEL 059-382-9291)にお問い合わせください。(配偶者からの暴力により避難されている方へ

1.裁判所から配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けており、「保護命令決定書の謄本または正本」があること

2.婦人相談所からの「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センターなど)の確認書の発行を受けていること

3.令和2年4月28日以降に住民票が鈴鹿市に移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象となっていること

※3については、住民票の異動を伴う必要があります。

Q13 現在離婚手続き中です。分けて給付していただけないでしょうか?

 一定の要件を満たす場合を除き、国の制度に沿って、世帯主への給付になります。一定の要件など詳しくは、こちらをご覧ください。

Q14 振り込みが完了した連絡はあるのでしょうか?

 振込完了分については、通帳の記帳していただくことで金額が確認できます。

 記帳していただくと、令和2年5月19日までの振込分は、「スズカシ」、令和2年5月22日からの振込分は、「スズカシトクベツキュウフ」と印字されます。

 なお、申請の内容に不備があった方については、振り込みできません。後日、不備案内を送付しますので、お手数ですが、内容をご確認いただき、不足書類の提出などの対応をお願いします。不備解消後に、改めて振り込みします。

Q15 生活保護を受けていても給付を受けることはできますか?

 生活保護を受けている方でも給付を受けられます。なお、特別定額給付金は、生活保護制度の被保護者の収入認定に当たっては、収入として認定しない取り扱いとする方針が国から示されています。

Q16 特別定額給付金は課税対象となりますか?

 非課税になります。

Q17 代理で申請や受給することはできますか?

 郵送申請方式に限り、代理申請ができます。代理申請ができる方は、令和2年4月27日(基準日)時点で同一世帯の方(申請書の給付対象者の欄に名前が記載されている方)、法定代理人(成年後見人、保佐人、補助人)、施設に入所している場合は施設の職員等になります。

 世帯主と代理人の本人確認書類に合わせて、代理人と世帯主との代理関係が確認できる書類の添付が必要になります。同一世帯の方からの代理申請に限り、申請書の給付対象者の欄で代理関係が確認できるため省略できます。

郵送申請に関するQ&A

Q1 郵送による申請方式の流れを教えてください。

 郵送申請方式の流れは、次のとおりです。

1.特別定額給付金申請書(鈴鹿市から送付したもの)の世帯主の欄に氏名、生年月日、住所、連絡先を記入して押印してください。

2.世帯主名義の口座について、金融機関名称、銀行コード、支店名、支店コード、分類、口座番号、口座名義、フリガナを記入してください。

3.裏面に世帯主の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の写しを貼り付けてください。

4.裏面に世帯主名義の振込先口座の通帳の見開き部分の写しを貼り付けてください。

5.同封の返信用封筒で送付してください。

オンライン申請に関するQ&A

Q1 オンライン申請方式について教えてください。

申請の要件

世帯主の方ができる申請方式です。次の1から5までの全てが揃っている場合に申請できます。

1.申請者(世帯主の方)のマイナンバーカード(写真付きのハードタイプ)がある。

2.マイナポータルAPに対応したスマートフォンもしくはマイナンバーカードが読み取れるカードリーダー、マイナポータルAPが動作するパソコンがある。

※スマートフォン(iPhone・android)の対応機種は、こちらをご覧ください。

3.マイナポータルAP(パソコンの場合はブラウザ、スマートフォンの場合はアプリケーション)が使用できる。

4.マイナンバーカードの署名用電子証明書(6桁から16桁のパスワード)

5.振込先口座の確認書類(通帳やキャッシュカード)

申請の流れ

1.世帯主(受給権者)が、マイナポータルAPからぴったりサービスを利用して、給付金を申請します。

2.世帯主および世帯員の情報と振込先口座を入力した上で、振込先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる通帳の見開き部分やキャッシュカードの情報をアップロードし、電子申請を行います。

※マイナンバーカードを使用した電子署名で本人確認を実施するため、本人確認書類の提出は不要です。

※マイナンバーの通知カード(紙製で写真がないもの)では申請出来ません。

※お使いの端末や動作環境がオンライン申請に対応したものであるかどうかについては、総務省ホームページ特別定額給付金の申請方法(オンライン)をご確認ください。

Q2 オンライン申請の手続き状況を知るにはどうすればよいでしょうか?

 手続き状況については、申請後に配信されるメール(「電子申請送信完了のご連絡」)で確認できます。

Q3 登録したメールアドレスにメールが届きません。

 申請時に入力されたメールアドレスに誤りがある場合や、迷惑メールを受信しないようにフィルタを設定されている場合は、配信されるメール(「電子申請送信 完了のご連絡」)が受信できない場合があります。

Q4 オンライン申請で二重に申請してしまったのですが、どうすればよいでしょうか?

 オンライン申請の取り消しはできません。入力の誤りがないよう十分ご注意ください。

Q5 オンライン申請の操作方法を教えてください。

 総務省ホームページ特別定額給付金の申請方法(オンライン)をご確認ください。下にスクロールさせると、説明動画があります。なお、新型コロナ感染症の感染拡大防止の観点から、窓口での対面による案内や職員の操作は行いませんので、ご理解とご協力をお願いします。

Q6 操作の途中で不具合(画面が開かない、先に進まないなど)が出ました。どうすればよいですか?

 総務省のホームページで公表されている対応機種、動作環境で申請手続きをされている場合、個別の不具合の原因は分かりません。総務省ホームページやぴったりサービス、マイナポータルのQ&Aなどで解消方法についてご確認ください。なお、不具合が解消されない場合は、郵送による申請をご利用ください。

Q7 オンライン申請で申請内容に不備があった場合はどのようになるのでしょうか?

 後日、不備案内を送付しますので、不足書類の提出などの対応をお願いします。

Q8 オンライン申請に必要なマイナンバーカードはどこで発行してもらえますか?

 マイナンバーカードは戸籍住民課で申し込みできます。なお、カードの発行までには1カ月半〜2カ月の日数を要しますので、郵送による申請をご利用ください。

Q9 オンライン申請で暗証番号がロックされてしまいました。どうすればよいですか?

 特別定額給付金をオンラインで申請する場合、マイナンバーカードを読み取って申請者情報を一部入力する際に使用する利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)と、本人確認のために使用する署名用電子証明書の暗証番号(大文字英字と数字を組み合わせた6桁以上16桁以下)を入力する必要があります。利用者証明用電子証明書の暗証番号を連続して3回、署名用電子証明書の暗証番号を連続して5回間違えた場合は、ロックされてしまいますので、ご注意ください。

 なお、利用者証明用電子証明書の暗証番号は、申請者情報を自分で入力する場合は不要です。

 ロックを解除するためには、戸籍住民課(市役所本館1階15番窓口)での手続きが必要です。ご本人がマイナンバーカードと運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、戸籍住民課へお越しください。ただし、窓口が混雑し、長時間お待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 また、電子証明書の更新などの手続が集中することで、地方公共団体情報システム機構のサーバーが不安定となり、手続ができない場合もあります。事前に、鈴鹿市マイナンバーカードコールセンター(TEL 059-327-5056)に窓口の混雑状況などをご確認ください。

 なお、特別定額給付金は、郵送申請できます。申請書については、5月19日(火曜日)から、順次発送を開始しています。

Q10 マイナンバーカードの電子証明書(署名用電子証明書)に設定したパスワードを忘れてしまったのですが、どうすればよいでしょうか?

 マイナンバーカードの電子署名のパスワードをお忘れになった場合は、戸籍住民課(市役所本館1階15番窓口)でパスワードを再設定する必要があります。まずは、鈴鹿市マイナンバーカードコールセンター(TEL 059-327-5056)にご相談ください。

 なお、窓口が混雑し、長時間お待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

Q11 オンライン申請で「エラー115」が表示されます。どうすればよいでしょうか?

 「エラー115」の表示は、引越しなどにより電子証明書が失効している場合に表示されます。電子証明書の再発行は、戸籍住民課(市役所本館1階15番窓口)でできますので、まずは鈴鹿市マイナンバーカードコールセンター(TEL 059-327-5056)にご相談ください。

 なお、窓口が混雑し、長時間お待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

Q12 オンライン申請で「エラー111」が表示されます。どうすればよいでしょうか?

 「エラー111」の表示は、電子証明書が有効期限切れの場合に表示されます。電子証明書の再発行は、戸籍住民課(市役所本館1階15番窓口)でできますので、まずは鈴鹿市マイナンバーカードコールセンター(TEL 059-327-5056)にご相談ください。

 なお、窓口が混雑し、長時間お待ちいただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

Q13 市役所に行けばオンライン申請ができるような端末は備え付けてありますか?

 オンライン申請に使用できる機器はありません。また、今後の設置の予定もありません。