新型コロナウイルス感染症関連情報

配偶者からの暴力により避難されている方へ(特別定額給付金)


ここから本文です。

配偶者からの暴力により避難されている方への給付について

対象

 基準日(令和2年4月27日)時点で、配偶者からの暴力を理由に避難し、配偶者と生計を別にしている方(いわゆるDV避難者)およびその同伴者であって、基準日において居住している市区町村にその住民票を移していない方については、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、給付対象になります。

一定の要件とは

 以下のいずれかに該当しており、いずれも避難していることが要件です。なお、それぞれ確認できる書類が必要です。

  • 裁判所から配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けており、「保護命令決定書の謄本または正本」があること
  • 婦人相談所からの「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センターなど)の確認書の発行を受けていること
  • 令和2年4月28日以降に住民票が鈴鹿市に移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象となっていること(住民票の異動を伴う必要があります)

※離婚手続き中であることなどを理由に給付を分けることができないかなどのご相談がありますが、上記の場合以外は、国の制度に沿って、世帯主の方への給付になります。

※必要となる書類など詳しくは、特別定額給付金室にお問い合わせください。

DV被害者への特別定額給付金のお知らせ(PDF)

問合せ

 特別定額給付金コールセンター TEL 059-382-9291(平日8時30分〜17時15分)